もんはん ?ぶらり途中下車の旅?の紹介

MHF警察犬の派出所の看板
  • HOME(トップページ)
  • ボス情報
  • 調合
  • 爺交換
  • 食事効果
  • ギャラリー大会の情報
  • マカ漬けの壷の効果
  • ニャカ漬けの壷の効果
  • 幅調整画像

もんはん ?ぶらり途中下車の旅?


http://blog.livedoor.jp/ebios42/

<ブログの要約>

ja

ようやくお引越し


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51356621.html

<ブログの要約>
下記のブログへとお引越しします。ブログ「夢の欠片の紆余曲折な日々」?http://ameblo.jp/jipuko/??

ebios422012-08-20T16:00:58+09:00雑記

<ブログの内容>
下記のブログへとお引越しします。ブログ「夢の欠片の紆余曲折な日々」 http://ameblo.jp/jipuko/  

世の中には超えちゃいけないラインというものがある


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51356576.html

<ブログの要約>
スカイリムの醍醐味はキャラメイクにあると断言しても構わないと思う夢の欠片です。MHFを放り出しスカイリムの世界へズッポリと絶賛ダイブ中なのですが、気がつけばプレイ時間が280時間を越えていました。とりあえずカジート使用してのメインクエストと戦争クエストはすで...

ebios422012-08-20T09:31:37+09:00雑記

<ブログの内容>
スカイリムの醍醐味はキャラメイクにあると断言しても構わないと思う夢の欠片です。MHFを放り出しスカイリムの世界へズッポリと絶賛ダイブ中なのですが、気がつけばプレイ時間が280時間を越えていました。とりあえずカジート使用してのメインクエストと戦争クエストはすでに終わらせてしまったので、現在はMODを導入して新たにキャラを作る作業に没頭しています。このキャラメイクというのが曲者でして、前回のオブリビオンをプレイした際もキャラメイクだけで2日遊んだ記憶があるのですが、今回はPC版であるために膨大な数のMODがUPされており、それらを組み合わせると凄まじい量の素材があるのです。それらを使用して自分好みのキャラを作れるのですが、この作業が半端なく楽しいのですよ。もしもMHFにこういった機能があるのなら、とんでもなく面白くなると思うのですけどね・・・まあ日本ゲームの場合はすぐにDLCにして課金対象にしてしまうのでしょうけど・・・PS3やXBOX360だとキャラメイクにも限界があり、どうしても洋ゲー独特の濃い顔になってしまいがちです。まあそれが嫌で今回はPC版を購入したワケですが、やはり正解だったようですね。キャラメイクのみならず新しい武具やクエスト、城や村、家などを導入できるMOD等もとんでもない数がありますし、本当に終わりが無い世界だと思います。ただ注意しなければならないのは何でもかんでもMODを入れてしまうとゲームが不安定になってしまい、セーブデーターがクラッシュしたりとか、重くなりすぎてまともにゲームがプレイ出来ないといった状況に陥ってしまいます。ともあれ、現在はMODを入れてはゲームを起動し、動作確認やキャラメイクを繰り返す日々だったりします。さてさて「突っ走る馬鹿は超えてはいけないラインすら気づかない」と言いますが、この言葉はまさに今回の韓国の暴挙に該当すると思います。いくら自身の保身の為とはいえ、わざわざこの時期に竹島に上陸したり、しつこいぐらいに従軍慰安婦問題を取り上げ「天皇に土下座しろ」と言ったり・・・単に日本人が馬鹿なのか、それともお人好しなのかは知りませんが、普通なら軍事力を使った戦争状態に突入しても不思議は無いレベルの問題なのですけどねぇ。「隣国同士仲良く」と脳内お花畑な人達は言いますが、歴史上隣国同士がお手々繋いでランララン・・・といった事などありはしません。表面上は当たり障りの無い外交上の付き合いはするでしょうけどね。まあ今回の事で輪を掛けて韓国が大嫌いになってしまいました。

MMOの衰退


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51355186.html

<ブログの要約>
ゲームにどれだけのめり込めるか・・・という要因の一つに「世界観」というものがあると思う夢の欠片です。過去個人的に一番面白く感じ、ひたすら遊んだMMOに「N-Age」というゲームがありました。これは自分が初めてプレイしたMMOでもあるのですが、剣と魔法が中心だったMMO...

ebios422012-08-10T11:37:49+09:00雑記

<ブログの内容>
ゲームにどれだけのめり込めるか・・・という要因の一つに「世界観」というものがあると思う夢の欠片です。過去個人的に一番面白く感じ、ひたすら遊んだMMOに「N-Age」というゲームがありました。これは自分が初めてプレイしたMMOでもあるのですが、剣と魔法が中心だったMMOの中にあって現代風の町並みをバックに自由度の比較的高いアクションゲームでした。残念な事に数年で日本市場から撤退してしまいましたが、今でも「もう一度遊んでみたいなぁ」と思えるゲームです。その後、リネ2⇒MHFと遊びましたが、それぞれに長所短所があり面白いと思うのですが、特にリネ2等のMMOに共通して言える庫とですが「経済・流通の破綻」がゲームを根底から崩し、結果つまらない内容のものへとなっていってるような気がします。まあPCゲームに限った話ではありませんが、日本の家庭用ゲーム全般においても「分割商法」「DLC商法」「アイテム課金」といった事が当たり前のように行われています。これがゲーム業界の発展を妨げ、ひいては内容自体も似たようなものが溢れ返り、心底楽しめるような作品が少なくなってきています。個人的にはMHFを面白いと素直に感じることが出来なくなった一番の原因だったりします。さてさて相変わらず気持ち悪さ満開のK国ですけど、パフォーマンスでしょうがわざわざこの時期を狙ったかのような竹島上陸とか・・・正気の沙汰じゃないと思いますね。また芸能関係者による竹島遠泳とかも行われていましたね・・・まあそれだけ不景気の加速により国内が不安定になっているのでしょうが、日本人としては迷惑以外のなにものでもないような気がします。しかしながら手のひらを返したようにこういった報道を堂々と行うマスコミの姿に対しても、少なからず違和感を感じてしまいます。北の関係者からのプッシュがあったのか、どこかの大国からの情報操作が入ったのか知りませんけど、少なくとも国民の声を反映したものではないように思えます。そもそもマスコミにそこまでの良心なんぞ存在しないと思っていますし、自分達の保身しか考えていないような連中ですからねぇ。ともあれ今日は終戦記念日です。亡くなった多くの戦没者の霊に対して追悼の意を表したいと思います。

オープンワールド


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51354564.html

<ブログの要約>
すっかりスカイリム三昧の日々になってしまった夢の欠片です。前作のオブリビオンやfalloutでもその独特の世界観に感動しまくり、他ゲーを放置してまでのめり込んだのですが、今回のスカイリムはそれらに輪をかけてハマりまくっています。まあ一番の大きな理由の一つに、今...

ebios422012-08-06T10:07:30+09:00雑記

<ブログの内容>
すっかりスカイリム三昧の日々になってしまった夢の欠片です。前作のオブリビオンやfalloutでもその独特の世界観に感動しまくり、他ゲーを放置してまでのめり込んだのですが、今回のスカイリムはそれらに輪をかけてハマりまくっています。まあ一番の大きな理由の一つに、今回はPS3やXBOX360といった家庭用ゲーム機専用版ではなくPC版(輸入版)を購入したというのがあると思います。公式も認めている有志による莫大なMODの数々・・・洋ゲーにありがちな日本人好みではないキャラの顔を好きに変更して美少女を作る庫とも可能ですし、建物の増築や新たな町・村を配置したり、武具を作ったり、クエストを追加してみたりと、長くずっと遊べる仕様になっているのが最高だと思うのです。似たような世界観を持つゲームにドラゴンズドグマというものがありまして、こちらも「オープンワールド」を謳い文句にしていましたが、日本人の考えている「オープンワールド」というのは根底に「一本道」が根強くあるような気がしてなりません。「自由度の高さ」を強調している割には出来ることがあまりにも少なく、スカイリムと比べてみると移動できる場所も異常なまでに少ないですね。もっともこれは所謂「ゆとり脳」を持ち、「一本道ゲーム」でないとゲームを楽しむことが出来ないプレイヤー側に問題があるような気がします。広大な世界にいきなり放り出され、それでも自分であれこれ考え、脳内で物語を構築しながら自分だけの冒険を楽しめる事が出来るプレイヤーじゃないと、心の底から「面白い」と思えないというところが日本人の多くが洋ゲーを毛嫌いしている主な原因ではないかと推測してしまいます。スカイリムをプレイしている人の中には膨大な数のメインクエストやサブクエストを放置し、作物を収穫するバイトや薪割りのバイト等を行い、夜は酒場で吟遊詩人の歌を聴きながら酒を楽しむといった日常的な事を満喫しているような人もいますし、FTと言われるワープ機能を一切使わずひたすら徒歩で広大な世界を旅して楽しんでる人もいます。十人十色といいますか、プレイヤーの数だけ遊び方があり、それを提供出来ているのが「オープンワールド」の正しい姿であると思うのですが、日本のゲームの場合は見えているのに辿り着けない場所があったり、中にはいれない建物があったりと、実に無駄なオブジェクトが多いのですけど、スカイリムの場合は「ここまで作り込むか?」と逆に言いたくなるぐらいのレベルだったりします。「何かをしないと先に進めない」といった規制の多い日本のゲームと違い、スカイリムは例えLV1であろうともMAP上のどこへでも行くことが可能です。「オープンワールド」という単語を使ってみたい気持ちは分かりますが、日本のゲームに本当の意味での「オープンワールド」のゲームは存在しないと思う今日この頃だったりします。

スポーツの祭典?


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51354160.html

<ブログの要約>
賛成派、反対派等、それぞれの意見や主張をぶつけ合うのは実に意味があるものだと思うのですが、一番厄介で罪深いのは「無関心派」とされる人達だと考えている夢の欠片です。まあ「興味がない」という理由が一番大きいのでしょうけど、自分達の生活に直接的であれ間接的であ...

ebios422012-08-03T07:53:42+09:00雑記

<ブログの内容>
賛成派、反対派等、それぞれの意見や主張をぶつけ合うのは実に意味があるものだと思うのですが、一番厄介で罪深いのは「無関心派」とされる人達だと考えている夢の欠片です。まあ「興味がない」という理由が一番大きいのでしょうけど、自分達の生活に直接的であれ間接的であれ、何らかの影響を及ぼすような問題についても無関心というのは如何なものかと思ってしまいます。結果何かしらの不利益が生じた時に一番文句を言うのもこの無関心派な人達で、やれ政治が悪いだの社会が悪いだのとすぐに責任を他に押し付け、「自分は正しい」「自分は悪くない」といった具合に逃避してしまうものです。何か意見を求められたときには、きちんと自らの考えや意見を述べるべきですし、それをしないという事は結果に対しても文句を言わずに黙って従うべきではないでしょうかね?さてさて変な方向で盛り上がっているオリンピックですけど、女子サッカーが「2位通過の為にワザと引き分けになった」と指摘を受けているようです。駆け引きといってしまえばそれまでなのかも知れませんが、興行じゃないんだから持っている力を全て出し切って全力で戦えばいいと思うのですけど、ああいったことが表面化すると「ああ、やらせはどこにも存在するんだな」と一気に冷めてしまいますね。人が集まれば当然そこには膨大な金の流れが生じますし、その甘い汁を吸おうと群がってくる連中が湧いてくるのもごく自然な流れなのかも知れませんが、スポーツにそういう汚らしいものを混ぜて欲しくはありません。そういったこと全般を「大人の事情」と切り捨ててしまう人もいます。まあ実際問題として大人の世界は本当に汚いですし、純粋な気持ちを持ち続けるには厳しい世界ではあります。言い訳と逃げ口上の入り混じったクソのような世界に、本当に辟易してしまいますね。

んぐ、んぐ、ぷっはー


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51353218.html

<ブログの要約>
「重箱の隅をつつき回す」というか「あら探し」をするのが大好きというか、とにかくそういった事に対してやたら頑張る人がいたりします。友人に欲しいとは思わないタイプの人間には間違いありません。コスプレ不倫で信頼が失墜した感のある大阪の橋本市長ですけど、個人的に...

ebios422012-07-27T17:35:52+09:00雑記

<ブログの内容>
「重箱の隅をつつき回す」というか「あら探し」をするのが大好きというか、とにかくそういった事に対してやたら頑張る人がいたりします。友人に欲しいとは思わないタイプの人間には間違いありません。コスプレ不倫で信頼が失墜した感のある大阪の橋本市長ですけど、個人的には「やる事をきちんとやってれば、プライベートで何しようが本人の勝手」だと考えています。どうも聖人君子を望んでいる人が多いようですが、この世の中に完璧な人間なんぞ存在しやしませんし、万が一そういう人間がいたとしたら、単に気持ちが悪いだけだと思うのです。人間なんぞを創り出した時点で神ですら完璧ではありませんし、中途半端な存在が集まっているからこそ、そこに発展があったり進化があったりするのだと思うのですけどねぇ。まあ橋本市長が台頭しては都合の悪い人達にしてみれば、まさに「鬼の首を取った」ぐらいの喜ばしい問題発覚だったと思います。足の引っ張り合いというのは何も政治に限った話ではなく、我々のごく身近でも日常的に、それこそ無意識のうちに行われているものです。さてさて暑さもいよいよ本番となり、各地ではビアガーデンやビアホールに涼を求める人達で溢れているようです。前にも書きましたが、自分はこういった場所で飲むのは好きではなく、一人でしみじみと酒と対話を楽しむ方なのですが、付き合い上仕方なく参加しなければならない機会も多く、実は本日もこれから行かなくてはなりません。酔っ払い連中を冷めた目で観察するもの一興で、普段見たり聞いたりすることの出来ないような、その人の隠れた部分が前面に押し出されている姿は実に滑稽なものだったりします。良い酔い方をする人は別に問題ないのですが、悪い酔い方する人の方が圧倒的に多いのが問題ですね。

不快指数急上昇中


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51352706.html

<ブログの要約>
相変わらずスカイリムの世界を当て所なくフラフラと旅している夢の欠片です。「何か用か、ネコ」とNPCから言われる事にもすっかり慣れて、クエストらしいクエストを受けるワケでもなく、綺麗な景色を探して探索してみたり、ワープ機能や馬車、馬といった比較的楽な移動手...

ebios422012-07-24T12:05:24+09:00雑記

<ブログの内容>
相変わらずスカイリムの世界を当て所なくフラフラと旅している夢の欠片です。「何か用か、ネコ」とNPCから言われる事にもすっかり慣れて、クエストらしいクエストを受けるワケでもなく、綺麗な景色を探して探索してみたり、ワープ機能や馬車、馬といった比較的楽な移動手段は極力使用せず、ひたすら徒歩でテクテクと歩きまわっている日々だったりします。XBOX360版では7月末にDLCとして吸血鬼関係のクエストが配信されるようですが、そのうちPC版にも似たようなDLCはあるだろうと期待してたりします。和ゲーと違い洋ゲーでは「みんなで楽しくゲームを作り上げようじゃないか」といった風潮があるためか、プレイヤー側から提供されるMODも多数存在し、本気でとことん遊ぶからにはやはりPC版を購入すべきだと思います。まあチートも多数存在しますから、使い方によっては序盤からゲーム自体が崩壊する恐れもあるんですけどね。 さてさてずっと尾を引いた感のある大津イジメ自殺問題ですが、加害者側の情報がネットに出回ってる事にたいし、「これでは集団イジメと同じだ」という声が出ているようです。加害者側は軽い気持ち、遊び感覚だったのかも知れませんが、結果的に一人の人間を死に追いやった事実は消えることがありませんので、個人的には「自業自得」だとしか言えませんし、同情する気もさらさらありません。世論の後押しが無いと重い腰を上げなかった警察組織も腐敗していますし、証拠を隠匿しようと必死になっていた教育委員会や学校なども腐りきっていると思うのです。加害者生徒達は、被害者自殺後も彼の机の上でトランプに興じ大笑いしたり、写真に画鋲を刺してそれを笑ったりと、常軌を逸した行動をしており、そこには微塵も反省の色は無く、単なる異常者としか見ることが出来ません。「少年だから」という擁護も異常者相手には通用しないと思いますし、加害者の家庭環境が狂気に走らせたという同情的な意見もありますが、彼らより酷い家庭環境にありながらも自分を見失わず、地にしっかりと足を付けて踏ん張っている子供達だって大勢存在します。確かに家庭環境にも一因はあるのでしょうが、一番の問題は本人が生まれ持った性質に因るところが大きいような気がします。「生まれながらにして悪い人はいない」と性善説を指示する人は主張しますが、自分は悪の因子というものは決して後付ではなく、元々本人の中に存在するものだと思っています。

絶賛寄り道中


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51351781.html

<ブログの要約>
最近はドップリと首までスカイリムの世界に浸かっている夢の欠片です。プレイ出来る種族は幾つかあり、キャラメイキングで自分だけのキャラを作成する事も可能で、人によってはこのキャラメイキングだけで数日過ごす人もいるようです。まあそれだけ奥が深いといえますね。猫...

ebios422012-07-18T10:15:30+09:00雑記

<ブログの内容>
最近はドップリと首までスカイリムの世界に浸かっている夢の欠片です。プレイ出来る種族は幾つかあり、キャラメイキングで自分だけのキャラを作成する事も可能で、人によってはこのキャラメイキングだけで数日過ごす人もいるようです。まあそれだけ奥が深いといえますね。猫好きな自分としては猫型種族のカジートを迷わず選択し、NPCから「何か用か、ネコ」と話しかけられる事にある種の快感と意味不明の優越感に浸っていたりします。前作オブビリオン同様にメインストーリーは存在するものの、それらをあえて無視し、己の欲望の赴くままに広大な世界を自由に冒険出来るのが魅力のゲームです。「洋ゲーのグラフィックが嫌い」と言う人にはあえてお勧めはしませんが、GTAシリーズ等も大好きな自分としてはこれ以上ハマれるゲームを知りません。「ドラゴンを狩る」と「スカイリムに秩序を取り戻す」というものがメインテーマっぽいのですが、ドラゴンに関しては町に居る時や、街道を移動中等、全く予期していない時を狙っていきなり現れて攻撃を仕掛けてきたりするので非常に面白いですし、野生動物や盗賊等も唐突に襲い掛かってきたり、とにかく興味深い世界であることには間違いありません。和ゲーでも似たようなゲームがありますけど、自由度の高さではやはり洋ゲーには敵わないような気がします。メインクエストやサブクエストをやり抜くのも良し、目的も無くフラフラと各地を放浪して回るも良し。美しく細部まで作りこまれた景色をぼんやりと見ているだけでも、十分楽しめるゲームだと思います。PC、PS3、XBOX360と発売されていますが、個人的なお勧めはPC版、しかも輸入版がいいんじゃないかと思います。日本語への変換も可能ですし、MOD導入という遊び方も充実していますので、プレイするなら是非PC版ですよ。

我々選手一同はスポーツマンシップに基づき、正々堂々と戦うことを誓います


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51351120.html

<ブログの要約>
「野球とサッカー、どっちが好き?」と聞かれると「サッカー」と答える夢の欠片です。まあその昔、自分も少しサッカーをやっていた時期があるからなのですけど・・・夏が近づくと「夏の甲子園」の話題が出始めます。大人達が夢中になるのは所謂「賭け」があったりするからな...

ebios422012-07-13T21:47:21+09:00雑記

<ブログの内容>
「野球とサッカー、どっちが好き?」と聞かれると「サッカー」と答える夢の欠片です。まあその昔、自分も少しサッカーをやっていた時期があるからなのですけど・・・夏が近づくと「夏の甲子園」の話題が出始めます。大人達が夢中になるのは所謂「賭け」があったりするからなのでしょうけど、自分は野球には興味が無いというか過去にいろいろあったせいで、どちらかといえば嫌いな方だったりします。思い起こせば事の起こりは高校時代・・・それまでは「嫌い」というほどでもなかったのですけど、自分がクラブの会計担当だった事もあり年度始めの予算割当て会議へ出席した時の話。公式戦で過去一度も勝利したことがなく、部活発足以来負け続けだった野球部が総予算の半分近くを毎年取っていたことに疑問を感じ、「出場する大会で毎回それなりの成績を残している部活の予算は据え置きで、弱い部活がそれだけの予算を取るのは間違っているんじゃないですか?」と発言したことをキッカケに野球部から目の仇にされ、顧問の教師からも目の仇にされ、事あるごとに突っかかられたものです。まあ「弱い犬ほどよく吼えるからな」と特に相手にもしなかったのですが、夏の予選が始まる頃になると学校を挙げての応援練習があり、またその事についても「他の部活には学校を挙げての応援なんかしないくせに、何で一つの部活を特別扱いするのか?これって一種の差別ですよね?」と学校に対し文句を言ったところ、「これは伝統だし、他の学校でも行われてる事だ」と一蹴され、頭にきたので応援練習はことごとくボイコットしました。他の部活の部員が何かしら不祥事を起こすと即処分するくせに、野球部員が喫煙・飲酒しても学校ぐるみで隠蔽・・・その事が決定打になって本格的に野球というものが「大嫌い」になってしまいました。まあ野球部に限らずどんな組織にも腐った人間はいますが、特別扱いする理由は無いと思うのですよ。毎年夏が近づくと当時の事を思い出します。今でもやっぱり野球は嫌いです。

清清しいまでの屑


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51350739.html

<ブログの要約>
世の中に「屑」と呼ばれる存在は数多くありますが、そういった人種や輩とは極力関わりたくないと切実に思う夢の欠片です。育児休暇中の女性警官が飲酒運転で事故を起こし、乳児を抱いたまま逃走し転倒、その後乳児を置いたまま数十メートル逃亡したというニュースがありまし...

ebios422012-07-11T19:00:38+09:00雑記

<ブログの内容>
世の中に「屑」と呼ばれる存在は数多くありますが、そういった人種や輩とは極力関わりたくないと切実に思う夢の欠片です。育児休暇中の女性警官が飲酒運転で事故を起こし、乳児を抱いたまま逃走し転倒、その後乳児を置いたまま数十メートル逃亡したというニュースがありましたが、取り締まる側の立場にありながら飲酒運転するわ、我が子を放置してまで逃げようとするわ、屑の中の屑と言える存在でしょうね。子育てのストレスで飲酒したという言い訳らしいですが、「じゃあハンドル握るんじゃねぇよ」と言いたいです。こういった公務員の犯罪についてはヤクザ同様に一般人の場合よりも、罰則は数割り増しでいいと思うのですけどね。それだけ重要な立ち位置にいるわけですから。しかしながら裁判を起こし「飲酒運転で懲戒解雇は酷すぎる」といった内容の主張をするのは、往々にして公務員や教師の類で、彼らは余程自分達の事を「特別な存在」だと勘違いしているのでしょうね。まあ屑には違いありませんけど・・・さてさて生活保護引き下げが確定したようですが、普通に働いてる人の方が手取り金額が少ないという事が起こる方がそもそもおかしかったと思います。受給者達は猛反発していますが、働きもせずに普通の人と同レベルの生活を営めると考えてる方が大間違いだと思うのです。今のような現金支給を一切やめて、早々に現物支給に切り替えて行くべきだと考えます。「区別」は絶対的に必要なものなのです。彼らは「差別だ」と主張するでしょうが、実際問題「差別だ」と主張したいのは生活保護を下回る最低賃金で汗水垂らして働いている正直者の方だと思いますけどね。

実に分かりやすい人権屋の行動


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51350717.html

<ブログの要約>
「いじめる側の心も相当追い詰められている」と方向違いで、相変わらず脳内お花畑満開の発言をする某精神科医がいますし、「自分の家族が被害者になっても死刑制度廃止の為に努力を続ける」と出来もしないことを偉そうに抜かす評論家もいます。こういった事件があると必ずと...

ebios422012-07-11T12:10:14+09:00雑記

<ブログの内容>
「いじめる側の心も相当追い詰められている」と方向違いで、相変わらず脳内お花畑満開の発言をする某精神科医がいますし、「自分の家族が被害者になっても死刑制度廃止の為に努力を続ける」と出来もしないことを偉そうに抜かす評論家もいます。こういった事件があると必ずといっていいほど湧いてくる人種ですねぇ・・・一種の風物詩とも取れますけどね。世間での批判が高まる中、ようやくというか今更というか、県警が重い腰を上げて調査チームを立ち上げたとか。適当に茶を濁す程度の調査をして、「イジメにつながる証拠は無かった」という事にでもしたいのでしょうが、広まった不信感はそう簡単に拭い去れるものではありません。加害者の身内に警察OBがいるという話もあるぐらいですし、身内にはアメリカのお菓子もビックリなぐらいに激甘な警察組織ですから、世間が納得するような結果にはならないような気がします。「加害者にも人権はある」という主張ですが、確かに最低限の人権はあると思いますけど、何もかも普通の人と同レベルの人権がそこに存在するという考え方については個人的には全否定ですね。過去何度も「差別」と「区別」については書いてきましたが、人の道を外れるような事をしでかしておいて、普通の権利を主張すること自体が大間違いなのです。大津市も裁判で争う姿勢から一転、急に態度を変えて和解へ動くことになったそうですが、これについても世間で大騒ぎになりつつある為、自分達の保身のために「いい人」を演じようとしているだけに過ぎないと思います。外部からの働きかけがないと変わろうとしないのは、黒船以来のこの国の悪しき風習なのかも知れませんが、「変化を良しとしない」という考え方が根本にある公務員達が多く絡んでいるような今回の事件についても、最初から内部浄化の意味も含めてしっかりと動いていれば大問題にならなかったのかも知れませんけどね。どちらにしても「死に損」や「死人に口なし」という加害者の人権ばかりが守られてしまうような腐った世の中のままであり続ける馬鹿げた世界は、とっとと消えて無くなればいいとさえ思ってしまいます。

子供の言い訳よりも大人の言い訳の方が見苦しい


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51350457.html

<ブログの要約>
MHP2Gだけではなく、最近ではスカイリムに手を出してしまい、あの奥深い世界の虜になりつつある夢の欠片です。日本製の「自由度の高いゲーム」とは別格で、本当の意味で自由度が高いのはさすが洋ゲーというところでしょうか。さてさて間違った事をしたり、道を誤るようなこと...

ebios422012-07-09T19:05:34+09:00雑記

<ブログの内容>
MHP2Gだけではなく、最近ではスカイリムに手を出してしまい、あの奥深い世界の虜になりつつある夢の欠片です。日本製の「自由度の高いゲーム」とは別格で、本当の意味で自由度が高いのはさすが洋ゲーというところでしょうか。さてさて間違った事をしたり、道を誤るようなことがあった時、本当に親身になって叱咤激励してくれる存在というのはとても重要なことだと思うのですが、一連のイジメの加害者に共通して言える事は「親や周りの大人達が腐ってる」というものだと思います。子は親の鏡と言いますが、余程の事が無い限り「トンビが鷹を産む」ということは起こりえませんし、普通は「蛙の子は蛙」だと言えます。腐った子供の親は往々にして腐ってますし、どこか普通の人と考え方や価値観が違っているものです。自分は「子供より大人の教育が重要だ」ということを主張しているのですが、自分の事を棚に上げて子供に偉そうな事を抜かす馬鹿な親が多すぎると思うのです。本当に質の良い子供を育てたいと願うのであれば、それらを取り巻く環境、そしてそこにいる大人達を徹底的に良い存在へと昇華させる必要があると考えます。容器が歪な形をしているのに、そこへ入れられるものがマトモな形に収まるはずがありません。しかしながらこの世の中は悲しいかな奇麗事だけで成り立つほど優しくは出来ておらず、むしろ汚くいつだって弱者が泣かされるように出来ているのです。だとすれば子供に対する教育もそういった社会に対応できる内容に変えていけばいいのですが、薄汚れた大人達は自分達の事から目をそむけ、子供達には奇麗事を並べた教育を行い、自分達が変えていけなかった事の責任を押し付けているだけなのです。学生時代から「大人は汚い」と思っていましたが、社会に出てからその思いは一層強くなりました。奇麗事が通らないような世の中にしてしまったのは、全ての大人の責任だと思います。そのツケを子供達に押し付け、自らは汚い世界に生きている事を必死に言い訳してるだけの矮小な存在が大人という生き物なのです。今回の滋賀のイジメ自殺問題でも、火消しに必死になってる大人達の姿がクローズアップされていますが、実に情けない話だと思いますね。

人は自分達に利益・不利益が生じるから必死に擁護するものだ


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51350005.html

<ブログの要約>
滋賀のイジメ自殺問題の波紋が拡がっているようです。学校側や警察までが事件についてスルーを決め込もうとしていたようですが、ネットも無く情報源といえば新聞やTVくらいしかなかった時代とは違い、隠そうとか騒動の鎮静化を黙ってやり過ごそうという甘い考えは今の時代...

ebios422012-07-06T17:16:57+09:00雑記

<ブログの内容>
滋賀のイジメ自殺問題の波紋が拡がっているようです。学校側や警察までが事件についてスルーを決め込もうとしていたようですが、ネットも無く情報源といえば新聞やTVくらいしかなかった時代とは違い、隠そうとか騒動の鎮静化を黙ってやり過ごそうという甘い考えは今の時代では通用しません。ネット上では加害者の実名や住所を特定するような動きも活発に行われており、一部では「やりすぎではないか」という疑問の声も出ているようですけど、個人的には「人を一人死に追いやっておいて、加害者に人権もクソも無いだろうが」という考えの持ち主なので、こういった動きに関してはむしろ同意する側の人間です。この国には「死に損」という言葉がありまして、死んだ側の名前や取り巻く生活環境については事細かく報道されるのに、片や加害者側といえば「人権」だの「プライバシー」だのといった普通の人ならば主張しても構わないが、「犯罪者が何を普通の人ぶってんだよ、馬鹿じゃねぇの」と思うのですが、方向違いの愚かな擁護をする連中がいる為になかなか簡単には報道されにくい状況にあるのが事実です。「死んだヤツは弱い人間。淘汰されても仕方がない」といった考えがその根底にはあるのでしょうが、そのような事がまかり通ってるこの世の中は本当に腐りきってると思いますね。まあ加害者側を必死に擁護する人達は、自分達の家族が同様の被害にあったとしてもきっと加害者側を擁護することでしょう。そうでなければ彼らの主張は嘘っぱちで、中身の無いものだということになってしまいますからね。自分はまっぴらゴメンという考え方ですから、犯罪者を簡単に許すつもりもありませんし、もし自分の家族が被害に合うような事があれば全力で徹底抗戦します。必要以上に過度の人権擁護を主張する人達は、「自分の家族がそんな目に合うはずがない」とタカをくくってるだけなのでしょうけど、今の世の中何が起こるか分かりません。誰だって被害者になり得るのですからねぇ。

人は生まれながらに悪


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51349814.html

<ブログの要約>
「イジメ」というものは老若男女問わず、どの世代にもその形を変えながら必ず存在するものだということは、以前にも記事にしたと思います。滋賀の中学生が飛び降り自殺で亡くなっていましたが、その一番の原因はイジメだと言う事です。学校や教育委員会は必死に「把握してい...

ebios422012-07-05T12:53:30+09:00

<ブログの内容>
「イジメ」というものは老若男女問わず、どの世代にもその形を変えながら必ず存在するものだということは、以前にも記事にしたと思います。滋賀の中学生が飛び降り自殺で亡くなっていましたが、その一番の原因はイジメだと言う事です。学校や教育委員会は必死に「把握していなかった」とマニュアルでもあるのか、どこも似たような弁明していますが、知らなかったワケは絶対にないと思います。今回のケースは「自殺の練習をさせていた」という部分が一番の問題点で、これは自殺教唆に該当すると思います。だとすると単なるイジメという問題ではなく、これは立派な犯罪行為になってしまいますね。こういった事件で毎回問題になるのが「周囲は誰も助けようとしなかった」「先生に相談しても何もしてくれなかった」といったことや、イジメが原因となり自殺に追い込まれたという事実を隠蔽しようと画策する汚い大人達の姿ですね。まあ教育委員会が屑の集団なのは今も昔も変わりませんし、「面倒なことには関わりたくない」という腑抜けの教師が多いのも変わりはありません。加害者の親が権力者だろうが、部落等の関係者だろうが、人一人を死に追いやった罪は徹底的に糾弾すべきだと思います。馬鹿な人権擁護推進派は「将来ある子供が・・・」というお得意の理論を掲げて加害者を庇うのでしょうが、他人の将来を奪っておいて自分だけのうのうと何食わぬ顔で生きていく加害者という存在の危険性というものは完全無視なのでしょうね。「死に損」という言葉がありますが、こういうことは絶対に許せないことですし、例え子供であろうがやったことには責任を負わせ、顔写真付の実名報道ぐらいは行うべきだと考えています。よく「子供は残酷な生き物だ」という言葉を聞きますが、別に子供だけが残酷というわけではなく、年齢を重ねて分別ある大人になっても、姑息で残酷な手段を用いて他人をイジメるような屑もいるのです。そもそも「人間=悪」という構図は自分の中では一切変わってはいません。性善説というものは一切信じていませんし、悪であるからこそ光である善に憧れ必死に歩み寄ろうと努力するものだと思うからです。

社内公用語が英語


http://blog.livedoor.jp/ebios42/archives/51349294.html

<ブログの要約>
MH4のPVをチラッと見たのですが、何やら新しいアクションが増えていましたね。崖を上りながら武器を振り回すことが出来たり、モンスターの背中に乗って攻撃が出来たり・・・アクションが増えることは戦いの幅が広がることを意味するので面白いと思うのですが、見た目の派手...

ebios422012-07-02T12:43:50+09:00雑記

<ブログの内容>
MH4のPVをチラッと見たのですが、何やら新しいアクションが増えていましたね。崖を上りながら武器を振り回すことが出来たり、モンスターの背中に乗って攻撃が出来たり・・・アクションが増えることは戦いの幅が広がることを意味するので面白いと思うのですが、見た目の派手さばかりを追求したところで実際は今まで通りの戦い方の方が確実にダメを与えられるし、討伐までの時間が短かったりするものです。まあ使用武器にもよるのでしょうけどね・・・MHFでも新しいアクションの導入を検討しているという記事を読みましたが、MH4発売に合わせての対応なのか、それともMHF独自の新アクションを考えているのかは分かりかねます。結局のところどのような新しいアクションを取り入れたところで、効率狩りやハメ狩りに関係ないものはそれほど普及しなような気もします。新しいアクションを導入する前に、もう少し各モンスターのAIを向上させるなり、火力に頼った効率狩りは仕方ないとしても、モンスターの動きを封じてしまうようなハメ狩りは全廃しないことには新しいアクションを生かせる場が無いと思うのです。先日「いまだにMHP2Gをやってるよ」という人達と一緒に遊ぶ機会があったのですが、MHFと違いプレイヤーの顔が見える状況で和気藹々と狩りを楽しむという新鮮な雰囲気に少々感動してしまいました。その昔友人達とマリオカートで盛り上がっていた頃と同じような感じで、非常に有意義な時間を過ごす事が出来ました。ゲームを大人数でプレイするということは、本来はこうあるべきだと思うのですけど、顔が見えないオンラインの中ではなかなか難しいことなのかも知れませんね。ゲームの中ではやたら強気な発言をする人でも、現実では無口で大人しく、隅っこで小さくなってたりしますしね。どちらにも一長一短あるのかも知れませんが、今の自分にはMHP2Gというツールを使っての交流の方が癒されるような気がしますね。一狩り終わった後にコーヒーを飲みつつ「あそこはもっとこう動くべきだったよね」とか「あの場面での対応はさすがだったよね」とか、率直な意見を出しつつしばしの歓談を楽しむというのも実におつなものではありました。さてさて職場内において英語しか使用してはいけないという会社がいくつか存在するようですし、それに右倣えをする会社もあったりするようです。対外的に海外と接する事の多い部署なら話は分かりますが、仕事内容が全て国内向けにも関わらず英語を強要されるのはどうかと思ってしまいます。単に「うちの会社は他と違うんだぜ?」ということを訴えて「凄いね、さすがだね」と褒められたいのか、近い将来海外へ本社ごと引っ越す事を視野に入れているのかは知りませんが、「グローバルだ」と声を挙げている人に限って自分が生活している足元には目もくれず、遠い世界のことしか頭に無かったりするものです。急速なグローバル化は必ず何かしらの弊害を齎しますし、それを推し進めるからには結局のところ自分の事しか考えていない・考えることの出来ない人なのだろうと思ってしまいます。自分の会社にも海外からの出稼ぎ労働者が来ることがありますが、ほとんどがカタコトながらも日本語を喋ってますし、コミュニケーションも大半は日本語を用いて行われています。彼らは出来るだけ仲間内だけで固まろうとはせずに、積極的に日本人の輪の中に入ろうと努力しています。もしも逆の立場であれば自分も同様に現地の言葉を覚え、なるべく輪の中にはいろうと努力を惜しまないでしょうし、本来はそれが正しい姿だと考えています。本当に必要に迫られれば、人間というのは無意識のうちに嫌でも環境に順応しようとするものです。何でもかんでも「グローバル化」という言葉を盾にして、上の考えを押し付けてくるのは如何なものかと思うのです。自分の英語力なんてせいぜい中学生レベルのものですが、単身海外に行く時でもそれほど困ったことはありませんし、最後は度胸があればどうにでもなるものだったりします。

スペース





登録ブログ一覧



このページの一番上に戻る
Copyright(C) waraou.net Inc, All Rights Reserved.